企画展「早稲田大学エジプト調査 50年のあゆみ」のお知らせ

2015年12月5日(土)から2016年1月30日にかけて、早稲田大学の會津八一記念博物館で「早稲田大学エジプト調査 50年のあゆみ」という企画展が実施されます。
吉村教授を隊長とする古代エジプト調査隊の、半世紀に渡る発掘調査の成果が分かる展示になっています。
入館は無料です。是非皆様足を運んでみてください。

●会期
2015年12月5日(土)~2016年1月30日(土)

●会場
早稲田大学の會津八一記念博物館1F 企画展示室

●時間
10:00~17:00(入場は16:30まで)
※金曜のみ10:00~18:00(入場は17:30まで)
閉館日:日曜祝日
※1月12日(火)は休館
※冬期休館 12月23日(水)~1月5日(火)

●入館料無料

●ギャラリートーク
2015年12月12日(土)13:00~14:00 近藤二郎先生(早稲田大学文学学術院教授)
2016年1月9日(土)13:00~14:00 吉村作治先生(東日本国際大学学長)
※事前申込はございません。
※直接当館1Fの企画展示室にお越しください。

●展示概要

1966(昭和41)年9月、タンカー「東海丸」が、当時、早稲田大学第一文学部の学生であった吉村作治氏(現、早稲田大学名誉教授・東日本国際大学学長)を学生隊長とする学生5人を乗せて、兵庫県の相生港からクウェートへ向けて出港しました。その後、エジプトで合流した川村喜一講師(後の教授)とともに実施したナイル川流域の遺跡を対象としたジェネラル・サーベイが、現在の日本のエジプト考古学の基礎を作ったと言っても過言ではありません。それから50年の歳月が過ぎようとしています。現在、早稲田大学エジプト学研究所は、数か所におよぶエジプトの現地の遺跡での発掘調査および保存修復作業を毎年、継続しておこなっています。今回、早稲田大学のエジプト調査50年を記念して、これまでのエジプトにおける調査・研究のあゆみを写真や資料で展示します。また、現在、エジプトで進行中のプロジェクトも広く紹介し、早稲田大学のエジプト学研究の全容をお伝えします。
早稲田大学會津八一記念博物館のページ

エジプトフォーラム24「早大エジプト発掘50年」開催のお知らせ(11月28日)

毎年恒例のエジプトフォーラム、今回は吉村教授によるゼネラルサーベイを行ってから50年を記念したものになります。これまでの50年間を振り返り、そして今後の展望について語り合います。

詳細は下記にて。

日時: 2015年11月28日(土) 15:00~18:00(開場14:30)
場所: 早稲田大学国際会議場 井深大記念ホール(入場無料)
主催: 早稲田大学エジプト学研究所、東日本国際大学エジプト考古学研究所、日本エジプト学会
後援: 早稲田大学総合人文科学研究センター、早稲田大学総合研究機構、NPO法人太陽の船復原研究所
協賛: 独立行政法人国際協力機構(JICA)、株式会社アケト、キリン株式会社
協力: ダイドードリンコ株式会社、株式会社熊谷組、株式会社ポニーキャニオン、一般社団法人全国優良石材店の会、株式会社ニトリホールディングス

プログラム

14:30 開場
15:00 開会の挨拶  近藤二郎(早稲田大学教授・早稲田大学エジプト学研究所所長)
15:05 基調講演  『エジプト調査発掘50年』 吉村作治(東日本国際大学学長・早稲田大学名誉教授・工学博士)
15:55 -休憩-
16:15 パネルトーク  『エジプト50年を発掘する』
コーディネーター :吉村作治
パネリスト:
近藤二郎
西本真一(日本工業大学教授・博士(工学))
高宮いづみ(近畿大学教授)
長谷川奏(早稲田大学総合研究機構客員教授)
河合 望(早稲田大学准教授・Ph.D.)
矢澤 健(東日本国際大学客員准教授)
18:00 閉会

懇親会
18:30~20:30   懇親会
場所:   リーガロイヤルホテル東京 3F ロイヤルホール
会費:   7,000円

【お申し込み方法】
1.氏名
2.メールアドレスまたは返信可能なFAX番号
3.住所
4.電話番号
をご記入の上お申し込みください。複数人登録される方は全員のお名前をお知らせください。入場整理券を送付いたします。
当日は、入場整理券をプリントアウトしてお持ちください。定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
懇親会参加ご希望の方はその旨を参加申し込みの際に明記してください。
参加ご希望の方には振込先をご連絡いたします。なお、懇親会は席に限りがございますので抽選とさせていただきます。

申し込みメールアドレス:egyptforum24@gmail.com
申し込みFAX番号:03-5285-1302
参加申込み締切日:2015年11月13日(金)

エジプト学研究所HP

eラーニングアワード2015基調講演と軽食会

10月28日から3日間、東京御茶ノ水で行われるeラーニングアワード2015フォーラムにて、吉村作治教授による基調講演があります。日時は10月29日 (木) 15:50~16:35です。
基調講演は要事前申し込みですが、無料で参加できます。講演後に軽食会があります。こちらは有料です。
詳細については下記をご覧ください。
**********************************************************
┌───────────────────────────────┐

【eラーニングアワード 2015 フォーラム】
会 期:2015年10月28日(水)、29日(木)、30日(金)
会 場:東京 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
主 催:e-Learning Awards フォーラム実行委員会および
日本工業新聞社(フジサンケイ ビジネスアイ)
入場料:無料 ※要事前申込
公式サイト:http://www.elearningawards.jp/

└───────────────────────────────┘

◆10月29日 (木) 15:50~16:35 ≪基調講演≫

東日本国際大学 学長/早稲田大学 名誉教授

吉村 作治 氏

『ICT利用における大学教育変革の可能性』

http://www.elearningawards.jp/program2detail.html#20
※講演後、先生や他参加者とも交流をはかれる軽食会が開催されます
基調講演者軽食会 ※有料【吉村作治氏 17:00-18:00 ルームD】
——————————————–
日時:10/29(木)17:00-18:00
※5分前より会場へお入りになれます

会場:ルームD
※会場図をよくご確認ください

備考:先着20名様限定 参加費用5,000円(税込)
※当日、総合受付にて徴収
——————————————–
http://www.elearningawards.jp/program2detail.html#72

************************************************************

黄金のファラオと大ピラミッド展開催!

いよいよ10月16日から、六本木の森アーツセンターギャラリーにて『黄金のファラオと大ピラミッド展』が開催されます。カイロ博物館所蔵の素晴らしい遺物が盛りだくさんで、見応え十分の内容になっています。

exhibition2015
15日には内覧会が行われ、エジプト考古大臣をはじめたくさんの方が集まってくださいました。ぜひ皆さん足を運んでみてください!

東京会場が終わると、1月からは愛媛、そして4月からは仙台と回っていきます。どうぞお楽しみに!

展覧会特設ページ

無料メルマガは週刊作治へ!

2014年4月1日から開始された吉村作治教授による無料メールマガジン『限りなく日刊に近いDaily作治』は一旦終了しましたが、メルマガの終了を惜しむ声をたくさんいただきましたので、『週刊作治』として甦りました!

weeklyBanner-300x121

登録は無料です。
こちらのページに必要事項(お名前、性別、メールアドレス)を記入していただければ登録できます。

※Windows Live、Hotmailをご利用の場合、メール側のシステムの仕様により、うまく届かない事例が報告されています。お手数ですが、別のメールアドレスを利用してください(例えばgmail、yahooメールなどのフリーメールでもOKです)。

※携帯電話専用のメールの場合、うまく表示されない場合がございます。

東急ハンズ渋谷店『シブヤエジフェス』開催のお知らせ

今日から東急ハンズ渋谷店で『シブヤエジフェス』と題したイベントが始まりました。
今人気の「メジェド」グッズ、エジプトのレプリカ、書籍、そしてスイーツと盛り沢山!売り切れないうちに是非、行ってみて下さい。8月5日まで。

吉村作治教授の絵付けした一点物の、ピラミッド型香炉や焼酎コップなどの伊万里焼作品、エジプトのレプリカ、書籍が一堂に会するのは最初で最後!
お見逃しなく!

渋谷エジフェスの特設ホームページ

東急ハンズ渋谷店への場所詳細

DSC_0464

DSC_0466

第4回太陽の船シンポジウム開催のお知らせ

第4回太陽の船シンポジウム

~「今!太陽の船プロジェクトは・・・」~

日時: 2015年7月13日(月) 18:30~20:30(開場18:00)
場所: 早稲田大学小野記念講堂(入場無料)
主催: 早稲田大学エジプト学研究所・東日本国際大学エジプト考古学研究所・
日本エジプト学会・NPO法人太陽の船復原研究所

後援: 早稲田大学総合研究機構
協賛: JICA(独立行政法人国際協力機構)・株式会社ニトリホールディングス
協力: 東京大学生産技術研究所大石岳史研究室・女子美術大学内山博子研究室・
株式会社アケト

18:00 開場
  【第1部】
18:30 開会の挨拶  近藤二郎(早稲田大学教授・早稲田大学エジプト学研究所所長)
18:35 太陽の船復原プロジェクトとは  吉村作治(東日本国際大学学長・NPO法人太陽の船復原研究所所長)
18:45 太陽の船復原プロジェクトの現状  黒河内宏昌(NPO法人太陽の船復原研究所教授)
18:55 エジプト文化遺産分野へのJICA支援  森裕之(独立行政法人国際協力機構(JICA)中東・欧州部次長)
  【第2部】
19:20 現場からの報告(1)ピットの中はこうなっている  高橋寿光(東日本国際大学客員助教)
19:35 現場からの報告(2)太陽の船にはこんな材料が使われていた  西坂朗子(東日本国際大学客員准教授)
19:50 現場からの報告(3)太陽の船復原考察が始まった  柏木裕之(東日本国際大学客員教授)
20:05 総括  吉村作治
20:30 閉会
  司会  河合 望

【お申し込み方法】
1.氏名
2.メールアドレスまたは返信可能なFAX番号
3.住所
4.電話番号
をご記入の上お申し込みください。複数人登録される方は全員のお名前をお知らせください。入場整理券を送付いたします。
当日は、入場整理券をプリントアウトしてお持ちください。定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

申し込みメールアドレス:waseda.egypt@gmail.com
申し込みFAX番号:03-5285-1302
参加申込み締切日:2015年7月6日(月)

JMOOC講座「エジプト学への招待」募集開始のお知らせ

JMOOCでの公開講座「エジプト学への招待」が本日から募集を開始します。エジプト学の基本から私の発掘現場の最新情報まで4週間にわたって講義します。開講は2015年6月1日です。登録はこちらから。

<講義の概要>
Week 1: 古代エジプトの地理と歴史
概要:古代エジプトの地理と歴史の概要を理解してもらい、今後の講義内容を理解するための下地を形成する。
Lesson1: 古代エジプトの地理
Lesson2: 先王朝時代から古王国時代
Lesson3: 古王国時代末から中王国時代
Lesson4: 新王国時代とその後

Week 2: 古代エジプトの生活・文化
概要: 古代エジプト人の生活の様子や文化について概観し、当時の暮らしや風景に関するイメージを掴んでもらう。
Lesson1: 住まい
Lesson2: 食べもの
Lesson3: 服飾
Lesson4: 家族

Week 3: 古代エジプト人の死生観
概要:古代エジプト人の死や来世に対する考え方や、それにまつわる儀礼行為について学び、その独特の死生観について知ってもらう。
Lesson1: 老いと寿命
Lesson2: 古代エジプト人の来世観
Lesson3: 墓の準備から葬儀
Lesson4: 来世への旅立ち

Week 4: エジプトでの発掘調査
概要:エジプトでの発掘調査の特徴や、講師が実際に発掘を行った現場について紹介する。
Lesson1: エジプト学と発掘現場
Lesson2: 私が行ってきた調査
Lesson3: アブ・シール、ダハシュール
Lesson4: 王家の谷西谷、第2の太陽の船

『マンガでわかる イスラムvs.ユダヤ 中東3000年の歴史』4月23日発売

私が監修した『マンガでわかる イスラムvs.ユダヤ 中東3000年の歴史』がCCCメディアハウスより4月23日に刊行します。91年にTBSブリタニカより刊行された漫画「ユダヤ・アラブ3000年の闘い」の改訂版です。イスラムとユダヤの関係を、歴史をさかのぼってわかりやすく解説しています。ぜひ読んでみてください!
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0VS-%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4-%E4%B8%AD%E6%9D%B13000%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2-%E5%90%89%E6%9D%91%E4%BD%9C%E6%B2%BB/dp/4484152053

日日是好日バックナンバー

Prof. yoshimuraこんにちは、吉村作治です。
「雲に梯(くもにかけはし)」という言葉があります。
私の70年はそういったものだったと思います。
「夢に向かって」とか「夢は叶う」というのが私の人生訓ですが、
71歳になってみますと、何て無謀な、そして思い上がったことだったと思うのです。しかしこうなったら死ぬまでこれで通そうと71歳の老人は発奮したわけです。
今年の目標は、もちろんエジプト調査、日本の祭り、そしてeラーニングの普及の3本柱に、キャリア・デザインを入れたいと思うのです。

「人は食うために生きるのではなく、生きるために食うのだ」
という諺があります。昨今の大学教育を見てみますと、就職に奔走し、一流企業に入ればいいという風潮です。私たちの学生時代、大学は就職のことにはほとんど関知しませんでした。
人生は自分のものだから、自分で道を探しなさいというのが筋なんです。
人生は一度きりです。好きなことをやって死んでいくのです。
そんな想いを子供たちに伝えたいと思っています。

ご好評のニコニコ動画の「吉村作治チャンネル」で、古代エジプトの映像配信を始めました。まずは貴重な空撮映像です。是非アクセスしてみてください。