「エジプトフォーラム19」が開かれました

 10月30日(土)、台風が関東に大接近する中、「エジプトフォーラム19」を開くことができました。さすがに台風が来るというので、申込み者数は800人でしたが、実際に来てくださったのは600人強でした。しかし、大隈講堂の1階席はほぼ一杯という感じで、来場者の方々の決心の強さに心打たれました。来られなかった方のかなりの多くは、電話やメールやファックスで、電車が止まっていて行けません、と知らせてくれて、ここでも、日本人の健気さというか、心のあり方に感激しました。
  マスコミでは、今や日本人の考えは地に堕ちた風に伝えられていますが、決してそんなことはないと日々実感しています。もちろん、マスコミがすべてウソを言っているというのではありません。一部は事実そうなんでしょうが、大半はちゃんとしています。
  また、「日本は」とか「日本人は」、と特定化して言いますが、そう言っている人は、どれだけ外国(200カ国以上もあるのに)に行ってみて実体験しているのか、首をかしげます。特に、昔にジャーナリストとして外国に取材に行ったという人の、データの古さにはあきれることがあります。レギュラーを持ったら行けないのは当然ですから、偉そうに比較しないでいただきたいですよね。私は、死ぬまで一介の私人でいるように心がけます。
  さてフォーラムですが、もう19回も毎年続けています。ありがたいことです。今回は、第一部で、私が本年6月に名誉教授を授与させていただいた記念に、「早大エジプト発掘45年の軌跡」と題して講演しました。と言うのも、私が早大を辞めるとき、諸事情で最終講義をしませんでしたので、その埋め合わせもありました。
  第2部は、早大エジプト調査最新報告で、近藤二郎先生のルクソール発掘、菊地敬夫サイバー大学准教授の「ルクソール王家の谷アメンヘテプ3世墓のデジタルアーカイブ」、矢澤健発掘主任の「ダハシュール第19次調査報告」、長谷川奏早大准教授の「デルタ西部のリモートセンシング調査」が行われました。
 全部で3時間あまり、みなさん席を立つことなく熱心に聞いてくださりました。とてもありがたく、うれしい一夜でした。終了ごろには雨も小降りになりました。
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]