平山郁夫先生のシルクロード美術館に行ってまいりました

  財団法人平山郁夫シルクロード美術館に行ってまいりました。本年6月3日から7月12日まで開催している企画展「所蔵品によるシルクロードの名品展」と、「追悼 シルクロードの画家 平山郁夫 特別展示「最期の風景」」展を見に行ったのです。
   ご存知のように、世界に誇れる日本画家であり、2度も東京藝術大学学長をなさった平山郁夫先生は、昨年末亡くなられました。この美術館は、山梨県北杜市長坂町にあります。八ヶ岳のふもとです。
  平山郁夫先生には、生前とてもかわいがっていただきました。ご子息は、現在早稲田大学国際教養学部で教授をなさっておられます。専門は古生物学で、父上と違う道を歩まれておられますが、スケッチはやはりとても上手です。
   今回、特に平山郁夫先生の絶筆というか、ご病室で描かれた窓の外の風景の下絵が、印象的と申しますか胸がじんと熱くなるもので、眼に涙が出てきました。そして展示室には、平山先生の絵筆とか絵具、その他のお道具が展示されています。また、奥様とご一緒にシルクロードを調査されたときの写真も展示されています。
 エジプトで、私が平山先生をご案内したことが2回ありました。2度目は、ルクソールのホテルが取れていなくて、ワセダハウスにお泊りいただきました。その時、ディール・アル=バハリのハトシェプスト女王葬祭殿の絵をお描きになり、それが、在エジプト日本大使館の大使公邸に飾られています。絵では素人の私が言うのは僭越ですが、心を打つタッチです。長く見ていましても、その場から離れられないほどです。何時間あっても、美術館を出られないほどです。
 次回の企画展は、平城遷都1300年記念特別展「シルクロード-奈良への道 平山郁夫展」(2010年7月18日(日)~8月22日(日))です。ぜひお出かけになってください。私がいる間も、観光バスが何台もやって来て、たくさんの来館者が降りてきました。
 ▽平山郁夫シルクロード美術館 http://www.silkroad-museum.jp/

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]