ホルス神像頭部

ホルス神像頭部

ホルス神像頭部

ヒエラコンポリスのホルス神殿第1の間の下から出土した。黄金を打ち出して作ったこの見事なハヤブサの頭部は、ホルス神を表している。

目に用いたのは1本の棒状の黒曜石で、それを頭の内部に貫通させ、その両端で目を表している。この細工が功を奏し、鋭く深い眼差しは本物の鳥とそっくりである。そのため、目に見えない脅威がひそむ張り詰めた空気が感じられる。

頭の頂には、聖蛇ウラエウスの冠帯と、2枚のすかし彫りの羽をつけている。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]