エレファンティネ島

クヌム神殿

クヌム神殿

全長約1.5km、幅0.5kmの細長い形をしたエレファンティネ島は、上エジプト第1ノモスの都が置かれていた。

ギリシア語で象を意味するエレファンティネという島の名は、この島を指す古代エジプト語がアブウ(象)であったことにちなむとか、アフリカからの象牙の集散地であったことからなど、諸説ある。

また損壊がひどいクヌム神殿は、末期王朝時代第30王朝ネクタネボ2世によって建立されたものだが、古くは、古王国時代にすでに建造、祀られていた。

さらに島の南東には、ナイルの氾濫とその規模を知るナイロメーターが設置された。90段の階段に付けられた目盛りを見て、洪水の記録など、水位の観測が行われた。ローマ時代の洪水の記録も残っている。

ナイロメーター

ナイロメーター

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]