ルクソール博物館

ルクソール博物館/ルクソール東岸

ルクソール博物館/ルクソール東岸

1975年に開館したルクソール博物館は、遺物の配置や照明の当て方などに工夫の凝らされた、近代的な博物館である。

各地の遺跡から出土したものは、それぞれの地域で保管し公開していこうという方針によりつくられた博物館で、ルクソール東岸および西岸の遺跡から出土した代表的な遺物が収蔵、展示されている。

トトメス3世の彩色レリーフや、アメンヘテプ3世の頭部像、ハトホル女神像など、貴重な遺物が数多く見られる。カルナク神殿とルクソール神殿の中間に立地している。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]