ルクソール神殿

ルクソール神殿/ルクソール東岸

ルクソール神殿/ルクソール東岸

カルナク・アメン大神殿の付属神殿として造営された神殿。現在見られる神殿の大部分は、新王国時代第18王朝のアメンヘテプ3世と、19王朝のラムセス2世によって建立されたものである。

年に一度のオペトの大祭のときには、カルナク・アメン大神殿の神像が輿に乗せられて、ルクソール神殿に運ばれた。第1塔門の前から北に延びるスフィンクス参道は、2つの神殿を結ぶ祭りの名残りである。

神殿には、イスラーム時代になってから一部にモスクが建造され、古代と現代の信仰の姿が交差する不思議な情景を作り出している。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]