崩れピラミッド

崩れピラミッド/メイドゥム

崩れピラミッド/メイドゥム

メイドゥムに立つピラミッドで、古王国時代第3王朝のフニ王が着工し、スネフェル王が建造を引き継いだと言われる。建造当時の姿が残っていれば、最古の真正ピラミッドとなったはずだが、岩盤がもろかったためか化粧石が崩落し、土台となった7段の階段ピラミッドが露出している。周囲には崩落した土砂が堆積し、砂山の上に台形の塔が立っているかのような特異な風貌である。

完成した当時の姿は底部部の1辺144m、高さ92m。露出している内部の石積みも磨き上げられているなど、謎の多いピラミッドでもある。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]