カテゴリー別アーカイブ: 昨日・今日・明日

日日是好日バックナンバー

Prof. yoshimuraこんにちは、吉村作治です。
「雲に梯(くもにかけはし)」という言葉があります。
私の70年はそういったものだったと思います。
「夢に向かって」とか「夢は叶う」というのが私の人生訓ですが、
71歳になってみますと、何て無謀な、そして思い上がったことだったと思うのです。しかしこうなったら死ぬまでこれで通そうと71歳の老人は発奮したわけです。
今年の目標は、もちろんエジプト調査、日本の祭り、そしてeラーニングの普及の3本柱に、キャリア・デザインを入れたいと思うのです。

「人は食うために生きるのではなく、生きるために食うのだ」
という諺があります。昨今の大学教育を見てみますと、就職に奔走し、一流企業に入ればいいという風潮です。私たちの学生時代、大学は就職のことにはほとんど関知しませんでした。
人生は自分のものだから、自分で道を探しなさいというのが筋なんです。
人生は一度きりです。好きなことをやって死んでいくのです。
そんな想いを子供たちに伝えたいと思っています。

ご好評のニコニコ動画の「吉村作治チャンネル」で、古代エジプトの映像配信を始めました。まずは貴重な空撮映像です。是非アクセスしてみてください。

2013年4月1日

こんにちは、吉村作治です。
今年の東京の桜は、あっという間に満開になって、散ってしまったという感じですね。
吉村作治のメルマガ 新・週刊作治 私は何とか時間を作って、近所の桜の名所に出かけました。都電の面影橋あたりから椿山荘にかけての神田川沿いの桜は本当に見事で、私のお気に入りです。
今年に入ってから、私は毎月エジプトに行っています。太陽の船プロジェクトもいよいよ復原へと進んでいます。発掘報告は随時、HPやメルマガ等でお伝えしますのでお楽しみに。
今、新年度のエジプト俱楽部のプレミアム会員を募集しています。今年度から早稲田大学エジプト学会の研究会にも参加出来ますので、興味のある方はこちらへどうぞ。
東日本国際大学エクステンションセンター それから、私はインターネットを使ったeラーニングの普及につとめてきましたが、
この度、東日本国際大学エクステンションセンターに、eラーニング講座が開講しました。東日本国際大学はいわきにある創立110周年を迎える伝統ある大学で、あの震災で大きなダメージを受けましたが、今、力強く立ち上がっている大学です。
ラインナップは「復興学」、「日本の教育と福祉」、もちろん「エジプト学」もあります。どなたでも無料で受講できますので、まずはHPにアクセスして下さい。
最後に、4月1日から「吉村作治チャンネル」を開局します。インターネット・テレビ局として、今後形を整えながら、様々なコンテンツを配信していきます。
暫定ページはこちらからアクセスできます。今後の展開に期待してください!

2013年3月の近況

こんにちわ、吉村作治です。 早いもので3月も中旬になり、一気に春めいてきました。
2月1日に70歳になったことをここでお伝えしてから、この間、相変わらず飛びまわっておりました。
今年の「ダイドードリンコ日本の祭り」も始まり、秋田の六郷のカマクラ、鹿児島の鉤引き祭りへと出かけ、2月下旬にはエジプトに参りました。帰国前日にあの痛ましい熱気球事故があり、電話取材を受けました。 また石巻では三陸河北新報社主催の私の写真展が開催され、最終日にトークショーでお邪魔しました。
吉村作治のメルマガ 新・週刊作治 その折々にFacebookやTwitterでも書いていますが、なかなかお伝えきれないので、その続きはメルマガ「新・週刊作治」で、思いっきり、書いています。先週号で、18号を迎えましたが、励ましのメール等を頂くと、嬉しいものです。多くの方に読んで頂けるよう、これからも頑張って続けます。
サンプル・購読の手続きはこちらから

古稀のお祝い・メルマガ「新・週刊作治」配信スタート

こんにちわ、吉村作治です。
2月1日、私はお陰様で70歳の誕生日を迎えました。 当日、約230名もの方々がお集まり下さいまして古稀のお祝いの会をして頂きました。 古稀を祝して、古稀記念論文集『永遠に生きる』、古稀記念エッセイ集『夢我夢中』が刊行され、慶びもひとしおでした。
さて私のメルマガ『新・週刊作治』も、2月に入り、本配信がスタート致しました。古代エジプトはもちろん、現代エジプト、そして中東情勢など国際、国内問わず最新ニュースも取り上げて、意欲的に楽しく配信しています。私のちょっとユニークなものの見方をお届しますので、皆さん、是非読んで下さい。
サンプル・購読の手続きはこちらから。

吉村作治のメルマガ 新・週刊作治