JMOOC講座「エジプト学への招待」募集開始のお知らせ

JMOOCでの公開講座「エジプト学への招待」が本日から募集を開始します。エジプト学の基本から私の発掘現場の最新情報まで4週間にわたって講義します。開講は2015年6月1日です。登録はこちらから。

<講義の概要>
Week 1: 古代エジプトの地理と歴史
概要:古代エジプトの地理と歴史の概要を理解してもらい、今後の講義内容を理解するための下地を形成する。
Lesson1: 古代エジプトの地理
Lesson2: 先王朝時代から古王国時代
Lesson3: 古王国時代末から中王国時代
Lesson4: 新王国時代とその後

Week 2: 古代エジプトの生活・文化
概要: 古代エジプト人の生活の様子や文化について概観し、当時の暮らしや風景に関するイメージを掴んでもらう。
Lesson1: 住まい
Lesson2: 食べもの
Lesson3: 服飾
Lesson4: 家族

Week 3: 古代エジプト人の死生観
概要:古代エジプト人の死や来世に対する考え方や、それにまつわる儀礼行為について学び、その独特の死生観について知ってもらう。
Lesson1: 老いと寿命
Lesson2: 古代エジプト人の来世観
Lesson3: 墓の準備から葬儀
Lesson4: 来世への旅立ち

Week 4: エジプトでの発掘調査
概要:エジプトでの発掘調査の特徴や、講師が実際に発掘を行った現場について紹介する。
Lesson1: エジプト学と発掘現場
Lesson2: 私が行ってきた調査
Lesson3: アブ・シール、ダハシュール
Lesson4: 王家の谷西谷、第2の太陽の船

『マンガでわかる イスラムvs.ユダヤ 中東3000年の歴史』4月23日発売

私が監修した『マンガでわかる イスラムvs.ユダヤ 中東3000年の歴史』がCCCメディアハウスより4月23日に刊行します。91年にTBSブリタニカより刊行された漫画「ユダヤ・アラブ3000年の闘い」の改訂版です。イスラムとユダヤの関係を、歴史をさかのぼってわかりやすく解説しています。ぜひ読んでみてください!
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0VS-%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4-%E4%B8%AD%E6%9D%B13000%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2-%E5%90%89%E6%9D%91%E4%BD%9C%E6%B2%BB/dp/4484152053

日日是好日バックナンバー

Prof. yoshimuraこんにちは、吉村作治です。
「雲に梯(くもにかけはし)」という言葉があります。
私の70年はそういったものだったと思います。
「夢に向かって」とか「夢は叶う」というのが私の人生訓ですが、
71歳になってみますと、何て無謀な、そして思い上がったことだったと思うのです。しかしこうなったら死ぬまでこれで通そうと71歳の老人は発奮したわけです。
今年の目標は、もちろんエジプト調査、日本の祭り、そしてeラーニングの普及の3本柱に、キャリア・デザインを入れたいと思うのです。

「人は食うために生きるのではなく、生きるために食うのだ」
という諺があります。昨今の大学教育を見てみますと、就職に奔走し、一流企業に入ればいいという風潮です。私たちの学生時代、大学は就職のことにはほとんど関知しませんでした。
人生は自分のものだから、自分で道を探しなさいというのが筋なんです。
人生は一度きりです。好きなことをやって死んでいくのです。
そんな想いを子供たちに伝えたいと思っています。

ご好評のニコニコ動画の「吉村作治チャンネル」で、古代エジプトの映像配信を始めました。まずは貴重な空撮映像です。是非アクセスしてみてください。

2015年度エジプト倶楽部プレミアム会員募集中!

「吉村作治のエジプトピア」のメルマガをご登録いただいているエジプト倶楽部に2011年4月新たに誕生したのが、特典満載の「プレミアム会員」です。お蔭様で2015年度をもちまして、5年目を迎えました。

会員向け特別トークライブでは、吉村教授や発掘調査隊員のお話、エジプトの最新発掘情報を生でお聞きいただけます。
早稲田大学エジプト学会主催のフォーラム等では、特別席をご用意いたします。

また学会主催の研究会は、年間4~5回開催され、毎回盛会です。
毎年、他では手に入らないオリジナルの限定記念品をプレゼントいたします。

詳細や応募方法はこちらのページにあります。

是非ご登録ください!

「エジプト考古学研究所」設立記念特別番組が放映されます。

東日本国際大学「エジプト考古学研究所」設立記念特別番組『ふくしま創世』が放映されます。
番組ではエジプト考古学と地域振興をキーワードに、東日本国際大学に新たに設立された吉村作治副学長を所長とする二つの研究所の取り組みが紹介されます。
吉村先生がいわき市にエジプト考古学研究所を設立した理由や、特別ゼミの様子なども放映されます。
是非ご覧ください!

放送局:福島テレビ(FTV)
放送日時:2015年1月31日 土曜日 14:00~

学校法人昌平黌ブログにも番組の紹介があります。

歴史人別冊「ピラミッド5000年 興亡の謎」発売のお知らせ

rekishijinKKベストセラーズの雑誌「歴史人」の別冊「世界史人」で、吉村作治教授総監修によるエジプトの特集号が発売されました!

「【完全保存版】ピラミッド5000年 興亡の謎」(定価704円+税)

ピラミッドを中心に、スフィンクスや太陽の船、古代エジプトの神々、ファラオ、ミイラ、ピラミッド時代の人々の生活などを、最新の研究成果をところどころに織り交ぜながらわかりやすく解説しています。
是非お買い上げください!

新刊『人間の目利き』発売のお知らせ

mekiki_cov『人間の目利き アラブから学ぶ「人生の読み手」になる方法』
(講談社)

「ここ数年の私の本の中でも会心作!」「この本を知っている限りすべての政治家や財界人に送って読ませたい」と曽野綾子さんが語るほど、納得の1冊に仕上がりました。

砂漠の民であるアラブ人は、自分たちのテリトリーを守るために、危機管理能力、他人との交渉術に長け、人を見抜く力=人間の目利きが、どこよりも傑出した人々です。

自身、サウジアラビアをはじめ、数多くのアラブ諸国を旅して、関連著書も多い曽野氏と、エジプト考古学の第一人者の吉村作治氏が縦横無尽に「アラブに学ぶ人生の目利き」となる方法を語り合い、1970年の大ベストセラー「日本人とユダヤ人」にも匹敵する生き方指南書「日本人とアラブ人」の完成となりました。

是非ご覧になってください!

Amazon.co.jpへのリンク

エジプト特番「太陽の船2014」のお知らせ

「古代エジプトミステリー紀行 今明かされるピラミッドの真実 謎を解くカギは日本?」
毎年恒例の「太陽の船」の特別番組(制作:RKB毎日放送)が今年も放送されます。

◆日時 2014年12月14日(日)
15:30~17:00(90分番組) TBS系列の全国ネット放送です。

今年のテーマは、「太陽の船」と「日本」です。
エジプトと日本という、その距離も時代も遥かに隔たった両者の間に、どんな謎が隠されているのか!?
京都五山の送り火のひとつ、舟形の意味するものは?太陽神ラーと阿弥陀如来の意外な関係は?!
院号に船の文字が入った京都のお寺、大船院西方寺のご住職を訪ねたり、元伊勢内宮皇大神社では御神体のピラミッド山に驚いたり、極楽浄土を現した宇治の平等院を訪れたりと、盛り沢山!
吉村先生とピラミッドの謎を解明していくのは、女優の秋本奈緒美さんです。
詳細はまたご案内しますので、是非ご覧ください。

RKB毎日放送の本番組特設ページ
秋本奈緒美さんのブログでもエジプトでの様子を写真入りで投稿しています。

撮影の様子:エジプト(左)と日本(右)
P1012749 IMG_0165

エジプト・フォーラム23の模様を配信中!

10月11日に早稲田大学大隈講堂で行われた、エジプト・フォーラム23「古代エジプトの来世観~新発見!ルクソール貴族の墓~」の基調講演、パネルトークをニコニコ動画の吉村作治チャンネルで配信中です。以下のリンクからも視聴できます。

是非ご覧になってください!

ニコニコ動画「吉村作治チャンネル」
Part 1  開会の挨拶と吉村作治先生の基調講演「古代エジプトの来世観」
Part 2 近藤二郎先生の基調講演「ビール醸造長コンスウエムヘブの墓の発見」
Part 3 パネルトーク「古代エジプトの墓と埋葬」前半
Part 4 パネルトーク「古代エジプトの墓と埋葬」後半・総括

YouTube版
Part 1  開会の挨拶と吉村作治先生の基調講演「古代エジプトの来世観」
Part 2 近藤二郎先生の基調講演「ビール醸造長コンスウエムヘブの墓の発見」
Part 3 パネルトーク「古代エジプトの墓と埋葬」前半
Part 4 パネルトーク「古代エジプトの墓と埋葬」後半・総括

吉村作治教授の小説「教授のお仕事」文庫版が発売(8月6日から)

吉村作治教授のキャンパス小説「教授のお仕事」が文庫版になりました。
アカハラ、派閥争いなど、大学の先生たちの生態を描いた作品です。

2014年8月6日発売、文春文庫、定価560円(税別)です。

文藝春秋のサイトからも直接購入できます。一部を読むこともできます(下記URL)。
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167901646

是非お求めください!