おみやげコンテスト

  先週も大忙しの週でした。テレビ収録が2本、生出演が1本、講演会が1本、エジプトデモに関するラジオ取材2本、ENG1本、電話取材2本、などなどです。世の中から忘れ去られていないという喜びと、打ち合わせや取材のテーマがそれぞれ違うので、その切り替えが難しいという面もあります。精一杯やって、ダメならはずされるという考えで、ひとつひとつに誠実に対応していくしかありません。
 さて、その中で特色のある会議は、国土交通省・観光庁主催の「魅力ある日本のおみやげコンテスト2011」でした。数百のエントリーされた日本のおみやげから、第一次審査で100点弱が選ばれ、①日本の伝統を伝えるおみやげ、②日本らしいおみやげ、③クールジャパンを示すおみやげ、の3つのカテゴリーで金、銀、銅賞が選ばれ、その中からグランプリが決められました。審査員は、外国大使館の観光局から9名、日本人は、官公庁、協賛企業、マスメディア、専門家、ビジット・ジャパン大使など、15名が出席しました。
   一口におみやげと言いましても、日本人が海外の日本人へ、現地の友人、知人、大切なお客様へ持って行くものと、外国人が日本に来て買っていくおみやげ、それも、自分用、友人知人、重要な人へと、色々と分かれていて、価格、大きさ、重さなど、制約がある中で決められるものですから大変です。
   今回で7回目ということで大分整理されてきまして、今回は、外国から来る方が自国へ持ち帰るもので、日本を感じさせるデザインや素材のもの、という観点から選ばれました。グランプリは、「街並はがき」というユニークなものでした。お値段も1260円と手ごろで、かさばらなく、重くなく、日本の民家の佇まいを表しているものと絶品でした。これらは成田、羽田、中部、関空の4空港で展示販売されるということです。とてもすばらしい企画です。
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]