棚倉町に行ってまいりました

6月6日に福島県棚倉町にて、東白河ロータリークラブ創立35周年記念の講演会に行ってきました。棚倉町は人口1万5千人ほどの町ですが、そこのホールは収容人数が800人近いとのことで人が集まるか心配でしたが、当日は満席となりました。それも、東白河ロータリークラブ会長の八幡昌裕様ご夫婦のご尽力の賜物と思います。

立派なホール!

八幡様は、八幡礦業株式会社を経営していらっしゃる社長で、たくさんの山をお持ちの方です。ミネグリーンという土壌を改良する土や、ミネグレットという飼料用の土が出る山です。人間にも効くとのことです。正式には、軟質多孔性古代海洋腐植質(ミロネクトン)というのだそうですが、動植物、すなわち生命体を活性化する効力があるとのことです。福島県は、こうした土や泥がたくさんあるとのことです。私は知りませんでした。きっと、ナイルシルトと同じようなものかもしれません。

八幡社長ご夫妻と

   この方をご紹介してくださったのは、千葉県や東京都にたくさんのスーパーマーケット・ワイズマートをお持ちの吉野喜信会長です。この方は、高島屋で「エジプトと吉村作治の世界展」を開いたとき、偶然に見に来てくださり、私の絵を買ってくださって以来、2年半ほどお付き合いをさせていただいています。「これからの日本で一番大切なことは、健康によい食料自給で、そのために農業振興を」ということで、日本全国をまわっておられる、民間の水戸黄門のようなお方です。
   一方、芸術家や研究者を育てることもなさっていて、そのひとりとして私を応援していただいているわけです。このおふたり以外にも、家具のニトリの似鳥昭雄社長や、ダイドードリンコの髙松富博社長、ポニーキャニオンの桐畑敏春社長など、多くの方にご支援いただいて、今日の早稲田大学のエジプト調査の輝かしい成果があるわけです。
   講演会のテーマは、「古代エジプト文明の魅力」でした。90分の間、皆さまじっと聞いてくださいました。
講演風景
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]