第34号(4/13配信)の読みどころ

 キーワーズ「電子書籍」

 出版物を電子化しようという動きは2,3年前からありましたが、この度、出版業界が結束して「出版デジタル機構」を作り、4月2日に発足しました。5年後には電子書籍の点数100万点、総売り上げ2千億円を目標とすることにしたそうです。賛同出版社は280社以上にのぼるそうです。

 私も先日、NHK北海道放送で電子出版と図書館、出版社の問題点を探る番組に出ましたが、まさしく今が分かれ目です。私自身、自分で版権を持っている書籍の電子化はすでに始めていて、すでに4冊出しています(http://www.egypt.co.jp/?page_id=1190)。そして今、20冊ばかりを準備しています。

 考古学の冒険談 

「在学生の名簿作り」という仕事を見つけた私たちでしたが、当初はやる気のあった学生たちも次第に来なくなり、一時は締め切りに間に合わないかもしれないという危機を迎えましたが、級友たちの助けもあり、無事に期日より早く終わらせることができました。

しかし、この会社は悪い奴でした。約束より早く名簿を渡したにもかかわらず、1か月経っても2か月経っても支払いをしてくれません。1か月くらいして、おかしいと思って会社に電話しても、最初は女性の事務員が出て「担当のものは不在です」と言っていましたが、そのうち「退職しました」と言い、その後は電話にさえ出なくなったのです・・・

 古代エジプトふしぎ発見!

 前々回からは太陽の船について話をしてきました。今回もその続きです。昨年の調査によって、これまで予想されていたのとは違う、「2隻とも舳先は西を向いている」という事実が確認されました。今回はこのことの解釈について書きます。

 考えてみますと、太陽の船は2隻ともあの世に向かうわけですから、西の方向に向かっていかなければなりませんからこれは当然なんですが、これによってどんな問題が出てくるか考えてみました・・

 ちょっといい話「ケネディ家が復活するか・・・」

 1963年にダラスで暗殺されて亡くなったジョン・F・ケネディ第35代アメリカ合衆国大統領の弟のロバート・ケネディ元米司法長官の孫、ジョゼフケネディ氏(31)が本年の11月に行われる下院選挙に立候補するためにマサチューセッツ州の検察官を辞職したとのニュースがありました。

 1963年11月22日の早朝、ラジオからジョン・F・ケネディ大統領暗殺のニュースを聞いたときの空虚な気持ちは今も忘れることができません。故・ケネディ大統領は私たち当時の若者にとっては“希望の星”でした。今も私たちの中にいろいろなものを残してくれています・・・

 

ここでご紹介したコラム以外にも、20本以上のコラムを読むことができます。

皆さん、ぜひ購読してみてください。

お申し込みはhttps://biz-spice.jp/member/app/magazine/mauth からお願いします。

サンプル(0号)も読むことができます。

サンプルはhttp://biz-spice.jp/public/detail/1021/1164/ から。

 

また、4月6日から「ダイジェスト版『吉村作治の週刊e-パピルス』」の配信も新たに始まりました。こちらは5コラム限定で、価格は何と通常版の半額315円です。

こちらもサンプルをご覧いただくことができますので、ご検討下さい。

サンプルはhttp://biz-spice.jp/public/detail/1021/1362/ から。

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]