王女像の頭部

王女像の頭部

王女像の頭部

この石像の頭部は、アクエンアテン王(アメンヘテプ4世)とネフェルティティ王妃との間に生まれた6人の王女のひとりの像であるが、おそらく長女メリトアテンであると考えられている。

これは、1912年にドイツ隊によって、テル・アル=アマルナのトトメスの工房で発見されたものである。

いわゆるアマルナ美術の特徴を持った彫像で、頭部が細長く後方に伸びており、耳や目、口が大きくデフォルメされている。顔の表情は、母后であるネフェルティティと似ており、同王妃の特徴が顕著に表されているといえよう。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]