カーアペルの像

カーアペルの像1

カーアペルの像1

この彫像は、「シェイク・アル=バラード」(アラビア語で「村長」の意)として広く知られている。マリエットの作業員が、像の容貌が自分たちの村長に似ていると、発見時につけた名前である。実際は、朗唱神官を表した像で、神官の実名はカーアペルという。
この神官は左足を前に出しているのだが、従来のエジプトの像と違い、前足に重心をかけ、後ろの足で動きを表している。
この像は古王国時代の作品の中で最も頻繁に紹介され、高く評価されているもののひとつである。

カーアペルの像2

カーアペルの像2

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]