彩画箱

彩画箱

彩画箱

エジプト絵画の伝統的な主題である、王の戦闘や狩猟の場面を描いている。

箱の長い側面には、チャリオットに乗ったツタンカーメン王が、逃げまどう敵に向かって矢を放っている。この王の姿は秩序を保証する統治者をあらわし、奔走する敵の群れは混乱をあらわす。

短い側面では、スフィンクスの姿であらわされた王が、北方と南方の敵を踏みつけている。

ふたにはライオン、アンテロープ、ガゼル、ハイエナ、野生ザル、ダチョウ、といった野生動物が敵として表現されている。

このような小画面の絵画は比較的少なく、重要な作品である。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]