アヌビス神像の厨子

アヌビス神像の厨子

アヌビス神像の厨子

山犬であらわされたアヌビス神は、墓地の守護神で、ミイラ作りの神でもあった。このアヌビス神は、木製で黒漆塗りである。目は、黒曜石とアラバスターの象眼、首輪や爪など、部分的に銀が貼ってある。

山犬の体は骨格や腱が浮かび上がり、厨子の背面にたれる尾からも緊張感が漂う。運搬用のソリに乗った厨子は木製金貼りで、わずかに上方が狭い台形をしている。厨子の屋根は開くようになっており、ファイアンス製の護符と8つの胸飾りと2つの方解石の壺が納められていた。

カーターによる発見時、アクエンアテン王治世7年目の日付の入った亜麻布をまとっていた。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]