コム・アル=ディッカ遺跡

コム・アル=ディッカ遺跡の円形劇場/アレキサンドリア

コム・アル=ディッカ遺跡の円形劇場

ギリシア・ローマ時代のモザイクや、共同浴場跡などが発見されたコム・アル=ディッカ遺跡は、アレキサンドリアの鉄道駅とグレコ・ローマン博物館の中間に位置する。

1960年にはポーランド隊により、同時代(2~6世紀)の円形劇場も発見された。建設当初の規模は直径42mだったが、幾度もの改築の結果、現在の33m50cmの規模になったことがわかっている。座席は13段が築かれ、マーブル状の地模様を呈する大理石の柱も美しい。エジプトに残存する唯一のギリシア・ローマ時代の円形劇場である。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]