ラムセス3世葬祭殿

ラムセス3世葬祭殿/ルクソール西岸

ラムセス3世葬祭殿の塔門

メディネト・ハブ(アラビア語で「ハブ族の町」の意)に建てられた、新王国時代第20王朝ラムセス3世の葬祭殿。強固で巨大な周壁に囲まれており、内部には神殿に仕える人々の住居も造られていた。

ラムセウムを模して造られたもので、構造だけでなく戦場の場面を描いたレリーフの施し方など、装飾という面でもラムセウムの影響が感じられる。

第1塔門裏面には、有名な野牛狩りのレリーフがある。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]