貴族の墓

貴族の墓の上に建てられたクルナ村(2007年)

貴族の墓の上に建てられたクルナ村(2007年)

ルクソール西岸には、王家の墓だけでなく、大臣や市長、役職を持つ官僚などの貴族、アメン大司祭などの高級神官、職人の長たちの墓も営まれた。これらは、「貴族の墓」と総称されている。

貴族の墓には、王家の墓と異なり、現世での彼らの暮らしぶりが事細かに描写された。農耕作業、工業、刈りの様子、宴会の様子、来世の楽園の様子など、題材は多岐にわたり、また、色彩も鮮やかで生き生きと表現されている。

ルクソール西岸からは、現在までにおよそ800基の貴族の墓が発見されている。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]