ルクソール西岸

空から見たルクソール西岸の風景

空から見たルクソール西岸の風景

日が没するナイル川西岸は、古代エジプトでは墓域が形成される地であった。ルクソール西岸も同様に、現在までに約800基の墓が発見されている。

これらは墓泥棒に見つかりにくいように、自然地形を利用して崖や谷あいに造られた。新王国時代のファラオたちの墓である「王家の谷」はその代表であり、その王妃や王子たちの墓「王妃の谷」、大臣や側近らの「貴族の墓」などがある。

また、王の葬儀を行った葬祭殿、それらの王墓を造営した職人たちの住居址など、多くの遺跡が点在している。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]