デンデラ

ハトホル神殿外壁のクレオパトラ7世のレリーフ/デンデラ

ハトホル神殿外壁のクレオパトラ7世のレリーフ

古代エジプト名はイウニト。初期王朝時代からの遺跡も多いこの町には、ギリシア・ローマ時代に建てられたハトホル神殿が残されている。

神殿の南の外壁には、クレオパトラ7世と、ローマのユリウス・カエサルとの子、プトレマイオス15世カエサリオンの姿が刻まれ、絶世の美女と謳われながらも資料の少ないクレオパトラ7世の姿を見ることができる。

ハトホル神殿本殿には、天井も残り、内部は薄暗いが、古代の明かり採りの方法や、当時のままの神殿を知ることができる稀少な建造物である。

また、天井には黄道12宮を含む天体図なども描かれ、古代エジプトの天文学についての貴重な資料となっている。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]