赤ピラミッド

赤ピラミッド。古代名は「輝くピラミッド」/ ダハシュール

赤ピラミッド。古代名は「輝くピラミッド」/ ダハシュール

古王国時代第4王朝のスネフェル王によって建造されたピラミッドの1つ。同じダハシュールに立つ屈折ピラミッドとは対称的に、化粧石はすべて持ち去られ、赤色系の石灰岩が露わとなっていることから、赤ピラミッドの名で呼ばれる。

底辺部の1辺220m、高さは99mで、約43度の傾斜角度は屈折ピラミッドの上部の角度と一致しており、屈折ピラミッド建造で得られた知識が生かされているといえる。緩やかな傾斜角度のためにやや小さく見えるが、ギザのカフラー王のピラミッドより容積は大きく、クフ王のピラミッドに次ぐ、エジプト第2の大きさを誇っている。

また断面の形が二等辺三角形をした、最古の真正ピラミッドである。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]