屈折ピラミッド

屈折ピラミッド

屈折ピラミッド。古代名は「南の輝くピラミッド」/ ダハシュール

古王国時代第4王朝のスネフェル王によって建造されたピラミッドの1つ。

下部の傾斜角度約54度に対し、上部の傾斜角度は約43度しかなく、その名の通り、途中で大きく屈折しているのが特徴である。下部の急角度のまま積み上げられると崩壊の恐れがあるため、途中で設計変更をしたと言われているが、本当の理由は解明されていない。

底辺部の1辺188.6m、高さ101.15m、化粧石の残りもよく、独特の風貌に美しさを加えている。

また、北面と西面の2ヵ所に入口があり、それぞれ異なる玄室へたどり着くようになっている。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]