メンフィス

メンフィスのハトホル神殿跡

メンフィスのハトホル神殿跡

古代エジプトは、南の上エジプトと北の下エジプトとに大きく分かれるが、今から約5000年前の初期王朝時代、ナルメル王が初めて国土統一を行ったとき、都が置かれたのがメンフィスであった。

現在では遺跡のほとんどは崩壊し、プタハ神殿跡がわずかに見られるだけである。神殿の南入口にあったと思われるアラバスター製のスフィンクスは、全長8m、高さ4.25m、新王国時代第18王朝の頃のものである。また、プタハ神殿は聖牛アピスの飼育でも知られ、牛をミイラにするための解剖台も見つかっている。

その他見学できる出土品には、神殿の改築を行った第18王朝のファラオ、ラムセス2世の石灰岩製の巨像もあり、当時の彫像技術の高さを知ることができる。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]