アケトスタッフ のすべての投稿

アケトスタッフ について

吉村作治のエジプトピアを運営する株式会社アケトのスタッフです。

エジプト・フォーラム27のお知らせ

日頃、日本隊による古代エジプト調査を応援していただき誠にありがとうございます。
さて、下記の要領で『エジプト・フォーラム27 ピラミッド調査の未来〜新たな発見を求めて〜』を開催することとなりましたのでご連絡いたします。
今回は今年から始まったピラミッド内部探査の、最新情報をお届けする内容になっております。

皆様のご参加をお待ちしております。

日時: 2018年11月25日(日) 15:00~18:00(開場14:30)
場所: 早稲田大学大隈記念講堂(大講堂)(入場無料)

主催: 早稲田大学エジプト学研究所、東日本国際大学エジプト考古学研究所、日本エジプト学会

後援: 早稲田大学総合研究機構

協力: 独立行政法人国際協力機構(JICA)、株式会社ニトリホールディングス、有限会社タイプエス、千葉工業大学惑星探査研究センター、東北大学東北アジア研究センター佐藤研究室、九州大学大学院総合理工学研究院エネルギー科学部門渡辺・金研究室、東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻宮本研究室、NPO法人太陽の船復原研究所

協賛: 学校法人昌平黌、(株)孔輪閣、(株)大昌、(株)欅、(株)相双リテック、キリン(株)、 (株)熊谷組、(株)アケト

プログラム
14:30 開場

15:00 開会の挨拶
近藤二郎(早稲田大学教授・早稲田大学エジプト学研究所所長)

15:10 基調講演『ピラミッドを科学する』
吉村作治(東日本国際大学学長/教授・早稲田大学名誉教授)

15:50 -休憩-

16:00 『大ピラミッド入門と調査の概要』
山下弘訓(東日本国際大学エジプト考古学研究所・客員准教授)

16:15 『ピラミッドの3次元化に向けて~ドローンとレーザースキャナを使った測量~』
設樂 丘(有限会社タイプエス・代表取締役)

16:30 『小惑星探査とピラミッド探査』
千秋博紀(千葉工業大学惑星探査研究センター・上席研究員)

16:45 -休憩-

16:55 『電波によるピラミッドの探査』
佐藤源之(東北大学東北アジア研究センター・教授)

17:10 『宇宙線ミュオンでピラミッドの内部を探る』
金政浩(九州大学大学院総合理工学研究院エネルギー科学部門・准教授)

17:25 ディスカッション

18:00 閉会

司会 馬場匡浩

<懇親会>
時間: 18:30~20:30
場所: 早稲田大学大隈ガーデンハウス2F
会費: 6,000円

【お申し込み方法】
お申込みフォームよりご登録ください。
申し込み締め切り後、入場整理券を送付いたします。
当日は、入場整理券をプリントアウトしてお持ちください。定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
お申込みフォームが利用できない場合は、以下の4点を下記の連絡先までお伝えください。
1.氏名
2.メールアドレスまたは返信可能なFAX番号
3.電話番号
4.懇親会のご出欠
複数人登録される方は全員のお名前をお知らせください。
懇親会にご出席いただける方で、同伴者がいらっしゃる場合はその方のお名前もご連絡ください。

申し込みメールアドレス:egyptforum27@gmail.com
申し込みFAX番号:03-5285-1302
参加申込み締切日:2018年11月18日(日)
懇親会参加申し込み締切日:2018年11月14日(水)

第45回鎌山祭のお知らせ(10/27, 28)

毎年恒例の、東日本国際大学といわき短期大学合同の学園祭「鎌山祭」が10月27、28日に開催されます。

今年のテーマは、
「感動 躍動 ここにあり 我らの昌平大舞台」。

模擬店、仮装行列、ステージイベントだけでなく
毎年行っている吉村学長主導の古代エジプト展示が行われます。
展示のテーマは「エジプト博物館構想 バーチャルとリアルの融合」です。
現在建設中のWEB博物館と連携した展示になります。
会場は東日本国際大学1号館101です。

また、吉村作治先生の講演会も開催されます。

テーマ「科学で探るピラミッドの謎」
日時:10月28日(日)14:30〜15:30
会場:東日本国際大学1号館201

企画展、講演とも入場無料。
ぜひいらしてください!

大学へのアクセス情報はこちら

PDFチラシ

東京工芸大学企画展オープニング記念講演(10/6)

東京工芸大学カラボギャラリーで企画展が開催されます。

カラボギャラリー第3回企画展
「色を探検する展」 Explorer of Color

場所:東京工芸大学厚木キャンパス12号館 2 階 カラボギャラリー
会期:2018年9月15日(土)〜2019年4月19日(金)
会館時間:火曜日 – 土曜日 10:00 -17:00
休館日:月曜日・日曜日・祝日
※オープンキャンパス等の大学イベントがある際には不定期に開館する場合があります。

企画展の主旨は、「色」をテーマにして、最先端の「アートとテクノロジーの融合」を体験してもらうことで、
ルクソール西岸アメンへテプ3世王墓の壁画のデジタル保存のプロジェクトを東京工芸大学と東日本国際大学は行っており、展示では高度印刷技術で印刷された実寸大壁画が展示されています。

また、オープニング記念講演として吉村作治先生の講演があります。

テーマ「古代エジプトの壁画の色彩」
日時:2018年10月6日(土)13:40~15:10
会場:東京工芸大学厚木キャンパス7号館
定員:300名(予約不要・入場無料・年齢制限無し)

ぜひ講演にも足をお運びください。

PDFチラシ

イベントのページ

第7回太陽の船シンポジウムのお知らせ

毎年恒例の太陽の船シンポジウム開催のお知らせです。

今回のテーマは“太陽の船を表現する”です。

CGアートの専門家で女子美術大学の教授、内山博子先生を交えて復原される太陽の船の見せ方をテーマに講演が行われます。

皆さまお誘いあわせの上、ご来場いただければと思います。

日時: 2018年6月18日(月) 18:30~20:30(開場18:00)
場所: 早稲田大学小野記念講堂(入場無料)

18:00 開場
18:30 開会の挨拶 近藤二郎(早稲田大学教授・早稲田大学エジプト学研究所所長)
18:35 来賓ご挨拶
18:50 古代エジプトと太陽の船 吉村作治(東日本国際大学学長/教授・早稲田大学名誉教授・NPO法人太陽の船復原研究所所長)
19:05 プロジェクトの現状報告 黒河内宏昌(東日本国際大学教授)
19:20 太陽の船の復原模型とCG 内山博子(女子美術大学教授)
19:35 -休憩-
19:45 鼎談(吉村作治、内山博子、黒河内宏昌)
20:25 閉会の辞 吉村作治
20:30 閉会
司会 馬場匡浩(早稲田大学准教授)

【お申し込み方法】
お申込みフォームよりご登録ください。

参加申し込み締め切り日の後に入場整理券を送付いたします。
当日は、入場整理券をプリントアウトしてお持ちください。定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
参加申込み締切日:2018年6月11日(月)

お申込みフォームが利用できない場合は、以下の3点を下記の連絡先までお伝えください。
1.氏名
2.メールアドレスまたは返信可能なFAX番号
3.電話番号

複数人登録される方は全員のお名前をお知らせください。

メールアドレス:waseda.egypt@gmail.com
FAX番号:03-5285-1302

エジプト・フォーラム26「最新発掘レポート」(12/10)のお知らせ

日頃、古代エジプト調査を応援していただき誠にありがとうございます。

下記の要領で『エジプト・フォーラム26 最新発掘レポート』を開催することとなりましたのでご連絡いたします。

「お申し込みフォーム」での参加受付を行っております

皆様のご来場をお待ちしております。

===================

日時: 2017年12月10日(日) 15:00~18:00(開場14:30)
場所: 早稲田大学大隈記念講堂(大講堂)(入場無料)

プログラム
14:30 開場
15:00 開会の挨拶
15:05 来賓挨拶
15:20 基調講演 『ギザ西部墓地』 吉村作治(東日本国際大学学長/教授・早稲田大学名誉教授)

(移行、調査報告)
15:50 『ギザ太陽の船』 黒河内宏昌(東日本国際大学客員教授)
16:10 『アブ・シール南丘陵』 高橋寿光(東日本国際大学客員講師)
16:30 -休憩-
16:40 『北サッカラ』 河合 望(金沢大学准教授)
17:00 『ダハシュール北』 矢澤 健(東日本国際大学客員准教授)
17:20 『ルクソール西岸アル=コーカ地区』 近藤二郎(早稲田大学エジプト学研究所/エジプト学研究所所長)
17:40 『ヒエラコンポリス』 馬場匡浩(早稲田大学准教授)
18:00 閉会の挨拶
司会 馬場匡浩

【お申し込み方法】
お申込みフォームよりご登録ください。

申し込み締め切り後、入場整理券を送付いたします。
当日は、入場整理券をプリントアウトしてお持ちください。定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

お申込みフォームが利用できない場合は、以下の4点を下記の連絡先までお伝えください。
1.氏名
2.メールアドレスまたは返信可能なFAX番号
3.住所
4.電話番号
複数人登録される方は全員のお名前をお知らせください。

申し込みメールアドレス:egyptforum26@gmail.com
申し込みFAX番号:03-5285-1302
参加申込み締切日:2017年12月3日(日)

東日本国際大学地域振興戦略研究所 第2回調査研究発表会(7/26)のお知らせ

東日本国際大学の地域振興戦略研究所による第2回の調査研究発表会が開催されます。
詳細、参加お申し込み方法については下記をご覧ください。

日時:7月26日(水) 13:00〜16:00(開場12:30)
会場:東日本国際大学 1号館201教室
(入場無料です)

プログラム

1. 開会の辞 東日本国際大学 学長 吉村作治
2. 第2回研究会ご挨拶 学校法人昌平黌 理事長 緑川浩司
3. ヒューマンテクノロジー都市 いわきからの発信
〜未来をになう君たちへ〜 上映
4. 発表 コーディネーター 地域振興戦略研究所 所長 吉村作治
5. 総括

申込方法

参加希望の方は、電話・FAX・メール・はがきにてお申し込みください。
お申し込みの際には、
①参加される方全員のお名前(フリガナ)
②参加人数
③代表者の連絡先
をお知らせください。

お問い合わせ・お申し込み窓口:東日本国際大学・いわき短期大学 地域連携研究センター
TEL: 0246-25-8885
FAX: 0246-85-0231
メール: koryu@tonichi-kokusai-u.ac.jp
はがき 〒970-8023 いわき市平鎌田字寿金沢37 地域連携研究センター

参加申込締切:7/25(火)

チラシPDF

東日本国際大学「第2回公開研究発表会&最新発掘レポート」(7/4)のお知らせ

東日本国際大学エジプト考古学研究所で第2回の公開研究発表会&最新発掘レポートを開催します。

エジプト考古学研究所が開設されて、3年目を迎え、今年も昨年に引き続き、公開研究発表会を開催することとなりました。現在、研究員が15名在籍し、エジプト現地での調査を始め、研究を進めています。今回は、2016年8月から始まりました「ギザ西部墓地探査プロジェクト」の最新報告を始め、2016年度のエジプト各地の調査について発表致します。

東日本国際大学 学長 吉村作治

日時:7月4日(火) 13:00〜14:00(開場12:30)
会場:東日本国際大学 1号館201教室
(入場無料です)

プログラム

12:30 開場
13:00 開会 東日本国際大学 学長 吉村作治
13:02 第2回研究会ご挨拶 学校法人昌平黌 理事長 緑川浩司
13:10 基調講演「エジプト発掘の魅力」 吉村作治
13:35 パネル・トーク「2016年度のエジプト調査について」
コーディネーター 吉村作治
・太陽の船復原プロジェクト 黒河内宏昌(エジプト考古学研究所客員教授)
・ダハシュール北遺跡 矢澤健(エジプト考古学研究所客員准教授)
・クフ王墓探査プロジェクト 高橋寿光(エジプト考古学研究所客員講師)
              三井猛(有限会社三井考測取締役社長)
14:10 2017年度の方針と予定 エジプト考古学研究所 所長 岩出まゆみ
14:15 閉会のご挨拶 吉村作治

申込方法

参加希望の方は、電話・FAX・メール・はがきにてお申し込みください。
お申し込みの際には、
①参加される方全員のお名前(フリガナ)
②参加人数
③代表者の連絡先
をお知らせください。

お問い合わせ・お申し込み窓口:東日本国際大学・いわき短期大学 地域連携研究センター
TEL: 0246-25-8885
FAX: 0246-85-0231
メール: koryu@tonichi-kokusai-u.ac.jp
はがき 〒970-8023 いわき市平鎌田字寿金沢37 地域連携研究センター

参加申込締切:7/3(月)

『第6回太陽の船シンポジウム』(6/26)のお知らせ

日頃、我々のエジプト調査を応援していただき誠にありがとうございます。

さて、下記の要領で『第6回太陽の船シンポジウム』を開催することとなりましたのでご連絡いたします。

「お申し込みフォーム」での参加受付を行っております。

皆様のご来場をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

=================================
第6回太陽の船シンポジウム“第1と第2の船について”
日時:2017年6月26日(月)18:30~20:30(開場18:00)
場所:早稲田大学大隈小講堂(入場無料)
主催:早稲田大学エジプト学研究所・NPO法人太陽の船復原研究所・
   東日本国際大学エジプト考古学研究所・日本エジプト学会
後援:早稲田大学総合研究機構
協賛:独立行政法人国際協力機構(JICA)・株式会社ニトリホールディングス
協力:東京大学生産技術研究所大石岳史研究室・女子美術大学内山博子研究室・
   カタール航空
特別協力:学校法人昌平黌・株式会社孔輪閣・株式会社大昌・株式会社 欅・
   株式会社相双リテック・株式会社光電製作所・株式会社上島製作所・
   株式会社アケト

18:00 開場
18:30 開会の挨拶 近藤二郎(早稲田大学教授・早稲田大学エジプト学研究所所長)
18:35 プロジェクトの現状報告 黒河内宏昌(東日本国際大学客員教授)
18:55 第1と第2の太陽の船 吉村作治(東日本国際大学学長/教授・早稲田大学名誉教授・NPO法人太陽の船復原研究所所長)
19:45 ダイアローグ
 吉村作治
 大石岳史(東京大学生産技術研究所准教授)
 黒河内宏昌
 柏木裕之(東日本国際大学客員教授)
 西坂朗子(東日本国際大学客員准教授)
 高橋寿光(東日本国際大学客員講師)
20:25 閉会の辞 吉村作治
20:30 閉会

【お申し込み方法】
お申込みフォームよりご登録ください。

参加申し込み締め切り日後に入場整理券を送付いたします。
当日は、入場整理券をプリントアウトしてお持ちください。定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
参加申込み締切日:2017年6月19日(月)

お申込みフォームが利用できない場合は、以下の4点を下記の連絡先までお伝えください。
1.氏名
2.メールアドレスまたは返信可能なFAX番号
3.住所
4.電話番号
複数人登録される方は全員のお名前をお知らせください。

メールアドレス:waseda.egypt@gmail.com
FAX番号:03-5285-1302

PDFチラシ

太陽の船プロジェクト・クラウドファンディング開始

「第2の太陽の船発見から30年の節目に、新たなチャンレジをはじめます」

こんにちは、吉村作治です。
いつも私たちNPO法人太陽の船復原研究所を応援していただき、ありがとうございます。

本日は、掲題の件でお知らせがありご連絡いたしました。

先日、ピラミッド南側で最大サイズの木片が発掘された第2の太陽の船ですが、実は、今年発見から30年を迎えます。

この節目の年に、私吉村作治は、本日より、今一度、エジプト考古学者人生をかけ、最後にして最大の挑戦である「ピラミッド建造の目的解明」を成し遂げるべく、新たなチャレンジをはじめることといたしました。

それが、謎を解く重要な鍵を握る「第二の太陽の船」の修復と復原のスピードをあげていくために必要な資金の一部を、クラウドファンディングで募るというものです。

【目標金額は2000万円、本日より6月30日23:00まで支援の募集を行います】
https://readyfor.jp/projects/solarboat

クラウドファンディングとはインターネット上で行う資金調達の仕組みです。
インターネットを通じてたくさんの人々に少額の資金提供を呼びかけ、 目標額に100%まで到達した場合のみ集まった資金を受け取ることができます。

公開期間終了までに目標金額が集まらないと、私たちには1円も入らない仕組みになっています。

この30年、度重なる苦難に耐え、発掘・修復作業はついに船全体の2/3まで完了いたしました。

しかし、予想よりも時間がかかったことで、私も74歳となり、あとどのくらい研究を続けることができるか正直分からない状況です。

それでも諦めたくありません。

達成することができるのか、正直不安なところもありますが、最後まで全力で頑張りますので、ぜひ一度プロジェクトページをご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/solarboat

そして、小額でも私の人生をかけた挑戦を応援していただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

吉村作治

エジプト特別展 in いわき市石炭・化石館(12/17~4/10)

吉村作治エジプト発掘50年記念&いわき市制50周年を記念して、
企画展「吉村作治のエジプト展-ピラミッド・ミイラ・ツタンカーメンの謎-」を
いわき市の石炭・化石館「ほるる」で開催されます。

会期中は吉村作治先生をはじめ東日本国際大学エジプト考古学研究所所属の講師陣による講演会を開催します。
またみんなで楽しめるワークショップもあるので、是非足を運んでみてください。

会期:2016年12月17日(土)~2017年4月10日(月)
場所:いわき市石炭・化石館

主催:一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー
共催:学校法人昌平黌東日本国際大学エジプト考古学研究所

いわき市石炭化石館「ほるる」のHP

吉村作治のエジプト展チラシ表
(下記に講演会、ワークショップの詳細があります)
吉村作治のエジプト展チラシ裏